安田菜津紀さん。ネット番組「ハフトーク(NewsX)」にて、EDAYAのネックレスご着用のお知らせ。(JP Only)

「フォトジャーナリストの安田菜津紀さんが、EDAYAのネックレスを着けてハフポスト日本版のネット番組「ハフトーク(NewsX)」に出演してくださいました。 安田さんとは、とあるトークイベントでご一緒したご縁です。記事の中に「世界で起きていることは、0か100かでは語れない。その間のグラデーションを直視していくことが、報道する側には求められていると感じています。」とありますが、本当にその通りだと思います。 私も、アクセサリーや本、イベントなど様々な媒体を使いながら、少数民族をはじめとするマイノリティの人たちのグラデーションな現実に、少しでも関心を持ってもらうこと、それを思って活動してきたように思います。その先に、世界はもっと優しく、そして面白くなっていくのかなと想像します。 EDAYAのアクセサリーとも合わせて、ぜひ、記事もご覧くださいね!! 遠い場所で起きていることを、「私」の問題に。安田菜津紀さんが写真を撮る理由。 EDAYAのアクセサリーは、記事の3枚目の写真で、ご覧いただけます。」(ディレクター山下)  

中学校受験向けの雑誌「SCHOOL」に山下のインタビューが掲載されました。(JP Only)

ディレクターの山下が、中学校受験向けの雑誌「SCHOOL」に巻頭4ページのインタビューを載せていただきました。 「雑誌のメインは女子校特集で、母校についても掲載されています。さすがに母校の看板を背負っての、卒業生としてのインタビューは緊張しましたが、少しでも、いただいてきたものの恩返し、できれば嬉しいなという気持ちです。」(ディレクター山下)     インタビューや講演依頼はこちらのフォームからお問い合わせください。 Contact

Branches of hope for Cordillera youth

Ms. Wryneth was interviewed about Education’s program in EDAYA and her next phases. Her article appeared in the “Daily tribune” which is a daily English-language broadsheet publication in the Philippines. Branches of hope for Cordillera youth スタッフのライナスのインタビューがフィリピンの雑誌「Daily tribune」に掲載されました。EDAYAとの出会いや教育プログラムについて、今後やっていきたいことについて話しています。 Branches of hope […]

dNoYeB exhibition

EDAYA Co-founder 山下のアメリカ留学を契機に、渡航前の緊急開催ということで、展覧会を実施します。EDAYAの竹工芸家であり、Co-founderでもあるエドガーさんもフィリピンより招聘し、EDAYAの今後について、より具体的な形で、応援してくださっている皆さんにお伝えできれば、という思いです。日程は近いですが、渡航前にたくさんの方にお会いして、EDAYAのこれまでとこれからについて、お話できればと思っていますので、是非お越しくださいませ。お待ちしています。 <<緊急開催!>> EDAYA展覧会「dNoYeB」 会期:2019年6月4日(火)〜6月9日(日) 時間:10:00〜21:00 *最終日6月9日のみ、18:00クローズ 会場:ICA SPACE 〒103-0004 東京都中央区東日本橋 3-4-6 ICA3 ビル E 2F 東日本橋駅、馬喰町駅、馬喰横山駅 徒歩 3 分 入場料:無料 EDAYA exhibition “dNoYeB” Day: 2019/6/4 (Tue) – 6/9 (Sun) Time: 10am-9pm (Last day only 10am-6pm) Place: ICA SPACE […]

淑徳大学の総合福祉学部にて、山下が講師を務めました。(JP Only)

ディレクターの山下が、淑徳大学の総合福祉学部の「世界動向と国際貢献」のクラスにて、講師を務めました。 授業の様子を学部のHPに載せていただきました。 「EDAYAの山下彩香さんをお招きし「エシカル消費」について学びました」 「…学生は、学部や大学院での学びから飛び出し、クラウドファンディングなども活用して、さまざまなことにチャレンジしている山下さんの行動力に多くの刺激を受けました。持続可能な社会の形成には、私たち一人一人の考え方や行動がつながっている、という「エシカル消費(倫理的消費)」に取り組む意義を学びました。EDAYAのブランドコンセプトはマイノリティをエンパワーメントすること。国際貢献だけでなく障がい者支援や、地域活性化なども関連していて、さまざまな専攻の学生にとって興味深いお話でした。」(抜粋:「EDAYAの山下彩香さんをお招きし「エシカル消費」について学びました」ページより)   講演依頼はこちらのフォームからお問い合わせください。 Contact  

昭和女子大学の環境デザイン学科にて、山下が講師を務めました。(JP Only)

昭和女子大学の環境デザイン学科の「デザイン計画特講A」にて、ディレクターの山下が講師を務めました。 「約230人の受講生の前で、インタラクティブな反応を感じるのは難しい環境下での90分通しでの授業で、少々緊張しましたが、1人でも何かを感じてくれたなら幸いです。デザイン計画特講の他の回の授業では、ライゾマティクスの齋藤精一氏や建築家の永山裕子氏など、私も授業を聴講させていただきたい!と思うような方々の名が連なっていて、恐縮しながらも、、、自分で経験していない大きなことは語れないので、等身大でいこうと、いつも通り、竹×デザイン/アート×伝統と革新×地域活性化×エンパワーメントな話をしてきました。」 講演依頼はこちらのフォームからお問い合わせください。 Contact

Bamboo floats for the festival in BAYAMBANG, Pangasinan, Philippines

EDAYA’s bamboo artist Edgar Balansi Banasan‘s recent works! Three bamboo floats for the festival in BAYAMBANG, Pangasinan, Philippines, this April.  These floats symbolize for prosperity, safety and the resiliency of the community!   エドガーの手がけた大きな仕事の一つをご紹介します。 この四月にフィリピンのパンパンガシナンのBAYAMBANGフェスティバルで3つの竹の山車を作りました。これは、コミュニティの繁栄、安全、レジリエンスを象徴しています。         EDAYA is also […]

国際交流基金アジアセンター・フェローシッププログラムを実施中(JP Only)

国際交流基金アジアセンター・フェローシッププログラムの助成を受けて、「竹×アート×伝統と革新×地域活性化をテーマとしたネットワークの構築に向けた、 ベトナム、ラオス、インドネシアでの調査およびワークショップ」 のプロジェクトを実施しています。ディレクターの山下が、4月中旬より、ベトナム(サパ・ハノイ・ホーチミン)とインドネシア(バリ・フローレンス島周辺の島々・西ティモール)に竹とそれにまつわる暮らしの調査を行います。昨年までの2年間で、高知県土佐山と、ミャンマーのチン、フィリピンのバギオ・カリンガの仲間たちで展開してきたBamboo Glocal Village のプロジェクトを今後、様々な国で行っていくための足がかりも探すことができればと考えています。   報告書はこちらからご覧いただけます。 「竹 × アート × 伝統と革新 × 地域活性化をテーマとしたネットワークの構築に向けた、ベトナム、インドネシアでの調査およびワークショップの実施」    EDAYA で実施しているワークショップについては、こちらのサイトからご覧いただけます。ワークショップの依頼もお受けしています。 Ask us anything about bamboo×art/design

【報告】エシカルペイフォワードでのポップアップショップ (JP Only)

2月23日〜2月25日にエシカルペイフォワードにて、ポップアップショップ「EDAYA Spring Trunk Show 2019」を行いました。 4/5-7はエシカルペイフォワードの鎌倉出店に合わせて、EDAYAの作品も出店いたしました。 エシカルペイフォワード鎌倉!(スタッフ稲葉)   EDAYAの作品はオンラインストアからも購入できます。 EDAYAオンラインストア