Founders’ story

 

Since Yamashita cannot hear from her left ear, and Banasan is an ethnic minority, we can easily connect with socially vulnerable people; create insight and sensibility to notice little things and bridge minority and majority worlds. Our strength is that we have respect for different values ​​and ideas and have flexibility and a sincere attitude to bridge those differences.

Wisdom Junction is a concept symbolizing one idea we care about. This has an image that wisdom possess by various people all over the world, are interrelated and connected in an organic manner, so that the whole will become an inspiration for the next generation. This wishes that each person be aware of his/her own life meaning and role as a global citizen in such connection. Furthermore, through our design/ art activities, we encourage the creation of awareness amongst each person. All of the activities of EDAYA  are opportunities for us to encounter the wisdom of unfamiliar worlds. To put oneself in the midst of wisdom allows us to deeply experience the spirituality, which is the core of all our activities. It will be a motivation for sustainable development of future activities.

 

山下は左耳が生まれつき聞こえないという障害を持ちバナサン氏は少数民族出身であることから、弱きものにも寄り添い、小さなことも見逃さない本質に気づける洞察力と感性を身に着けつつ、マジョリティの世界でも渡り歩いてきた。私たちの強みは、異なる価値観や考えの間を行き来し、共存する方向性を見つけるための柔軟性や真摯な姿勢をもち、様々な手法を織り交ぜつつ、自分たちのデザイン/ アートを構築してきたことである。

私たちが大切にしている考えのひとつを象徴的な言葉で表したものにWisdom Junctionというものがある。これは、世界中の多様な人々が育んできたWisdom=叡智が交わり、有機的につながっていくことで、それら全体がひとつの時代のインスピレーションとなって次の世代へつながっていくというイメージであり、ひとりひとりにそういった繋がりの中で、自らの生きる意味や地球人としての役割に気づいていってほしいという願いでもあり、さらに私たちがデザイン/ アート活動を通して行っているのは、一人ひとりの中にそのプロセスを後押しする気づきを生み出す働きかけである。全ての活動が、私たち自身も未知の世界の叡智に遭遇する機会であり、叡智の交わりの真っただ中に身を置くことは、全ての活動の源泉ともなっている精神性を自ら深く体験することにつながり、今後の活動の持続的な発展へのモチベーションとなっていくことだろう。