A creative collaborative bamboo design/art project to accelerate social innovation and promote the rediscovery of the value of local Asian traditions in a global context.

Wisdom Junction (2015.05)

A unique bamboo design/art project called EDAYA was co-founded in 2012 by Ayaka Yamashita, a Japanese designer/researcher, and Edgar Banasan, a native of the Kalinga Indigenous Community in the Philippines and a master bamboo craftsman recognized as one of the few remaining experts of Kalinga bamboo musical instruments. Together, we have been introducing innovative means/ideas to revitalize and conserve culture, utilizing bamboo as a medium. Based in Tokyo, Kalinga, and Baguio – a newly-recognized UNESCO Creative City of Crafts and Folk Arts, we created culturally-inspired contemporary bamboo arts, such as jewelry, musical instruments and installations. We also developed socially-engaged art, in which bamboo plays a significant role. We conduct on-site research of local bamboo culture and develop a multi-cultural bamboo educational module with people from Japan, the Philippines and Myanmar.

EDAYAは、日本人のデザイナーで研究者の山下彩香と、フィリピンのカリンガ族出身で、カリンガの竹楽器の残り数少ない専門家の一人として認知されている、熟練の竹工芸家、エドガー・バナサンが2012年に共同設立した、ユニークな竹のデザイン/ アートプロジェクトです。以降、竹を媒体として、文化の活性化や保存ための、革新的な手法やアイディアを打ち出してきています。東京、カリンガ、そして工芸と民芸の分野でユネスコが認定する創造都市となったばかりのバギオに拠点を置き、ジュエリーや楽器、インスタレーションなど、文化的なインスピレーションを携えたコンテンポラリーな竹のアートの創作や、竹が重要な役割を果たすソーシャリー・エンゲージド・アートの構築を行っています。地元の竹文化の現地調査を行い、日本とフィリピン、ミャンマーの人々と共に、多文化間での竹を使った教育モジュールを開発するなどもしています。