EDAYAは、フィリイピン・ルソン島北部山岳先住民族カリンガ出身の竹工芸家エドガー・バナサンと、日本人の山下彩香によって、2012年にフィリピンの地方都市バギオからスタートしたプロジェクトです。柔軟な発想で、アート/ デザイン/ 教育を融合したプロジェクトを多く展開しています。

カリンガの言葉で「精霊=スピリット」を意味するのが「EDAYA」です。日本語の「枝」の意味もかけ、私たちの「スピリット=信念」が「枝」が伸びるように、多くの人の心に届くことを願っています。

EDAYAの2012年~2016年までの活動の詳細については、EDAYAアートブックをご覧ください。

Wisdom Junction (2015.05 「わたし」と「社会」のリ・デザイン展インスタレーション作品)