The survey that we helped is used in this year’s teacher’s guide for the science textbook in Japan

In 2015, we helped a survey in Kalinga, the Philippines, about a plant called Curculigo. The leaves of the native Curculigo have long veins that allow them to propagate sound. The concept of “Sound-Producing Plants” comes in the form of the invention of the plant speaker, which was invented by Mr. Keiji Koga, a researcher in the field. (Patented)
This time, the photo from the survey is included in this year’s teacher’s guide for the science textbook (For Grade3) used nationwide in Japan, along with an introduction to the plant speakers. It was a great pleasure to be a part of the wonderful research.
2015年に、カークリコという植物のフィリピンでの調査をお手伝いさせていただきました。カリンガでは自生しているカークリコの葉は、葉脈が長いため、音を伝播することができます。そして「音の出る植物」の概念は、植物スピーカーの発明という形で、在野の研究者、古賀敬司さんによって、実現されました。
(特許取得済み)
今回、その時の調査の写真が、植物スピーカーの紹介とともに、今年度発行の大日本図書教師用指導書研究偏(たのしい理科小学3年生)に紹介されたとの連絡をいただきました。素晴らしい研究の一部でご一緒できたこと、とても嬉しく思っています。

インタビューや講演依頼はこちらのフォームからお問い合わせください。

Contact