国際交流基金アジアセンター・フェローシッププログラムの助成を受けたPJが始まります(JP Only)

国際交流基金アジアセンター・フェローシッププログラムの助成を受けて、「竹×アート×伝統と革新×地域活性化をテーマとしたネットワークの構築に向けた、 ベトナム、ラオス、インドネシアでの調査およびワークショップ」 のプロジェクトが始まります。ディレクターの山下が、4月中旬より、ベトナム(サパ・ハノイ・ホーチミン)とインドネシア(バリ・フローレンス島周辺の島々・西ティモール)に竹とそれにまつわる暮らしの調査を行います。昨年までの2年間で、高知県土佐山と、ミャンマーのチン、フィリピンのバギオ・カリンガの仲間たちで展開してきたBamboo Glocal Village のプロジェクトを今後、様々な国で行っていきたいと考えています。

 

2017年度のトヨタ財団の助成を受けて実施したプロジェクトの紹介ページはこちらからご覧いただけます。

「日本やフィリピンの地方の生活様式や伝統文化の価値の再発見のための『竹』を軸としたワークショップマニュアルの制作と実践」

EDAYA で実施しているワークショップについては、こちらのサイトからご覧いただけます。ワークショップの依頼もお受けしています。

Ask us anything about bamboo×art/design